パン屋

趣味が仕事になる喜びに!

自宅で焼きたてのパンを味わうと本当に美味しいもので、
プロのパン屋さんにも負けないくらいの美味しさだと実感している方も多いはずです。

周囲の人に自作のパンをふるまっていると、
ぜひ売って欲しいという声が高まってついにパン屋の開業を決意するという方もいます。

パン屋さんを開くのは難しいと考えている方も多いですが、
自宅開業をするなら敷居はかなり低くなるので挑戦する価値は大いにあります。

準備編

パン屋を開業するにあたって必要になるのは各種手続きです。
まずは保健所に営業許可と食品衛生責任者の申請を行ってください。

営業許可申請をすると保健所の担当者がやって来て検査を行いますので、
その検査にクリアするように準備を整えてください。

検査をクリアしたら許可証が発行されますので、
これでパン屋として営業する準備が一つできます。

また、食品を取り扱う仕事になるので食品衛生責任者という資格が必須です。

講習を受けると取得できるものですが、
既に調理師など特定の資格がある方は講習を受けずに資格を得ることが可能です。

もう一つ忘れてはいけないのが税務的な手続きで、
税務署へ個人事業の開業届と青色申告の申請をしてください。

パン屋として営業を開始するのでこれから個人事業主となって開業することになります。

青色申告は複式簿記による記帳が必要で、
確定申告の際には面倒に感じられるかもしれませんが、
税務面で優遇措置があるメリットがあるため白色よりも青色申告の方が良いです。

自宅がパン屋になる

本来であれば物件を借りてパン屋として開業をするのが理想という方もいますが、
開業資金などの面で敷居が高くなるため、
まずは自宅開業をしてある程度資金が貯まったら
将来的に物件を借りて開業するという選択肢が現実味を帯びてきます。

自宅でパン屋として営業する場合は作れるパンの数や種類も限られますが、
自分の自慢できるパンを厳選して作って販売してみましょう。

あえてメニューを固定化せずに
自分が作りたいパンをその日の気分に合わせて作った方が良い場合もあります。

その日に売り切れるくらいの量を作れば
体力的にも無理なく続けることができますし、
余分な廃棄を発生させることもありません。

効率良く集客する方法としてインターネットを活用する方法もあります。

SNSを上手に活用してその日に作ったパンのアナウンスをしたり、
在庫があるパンの種類をアナウンスすると、
チェックしてくれた人が買いに来てくれるようになります。

リピーターさんが増えるほど出来上がったパンが
すぐに売り切れてしまうという結果になることも予想されますが、
あまり無理をしない程度に自分のペースを守りながら営業できるメリットもあります。

前へ

ヨガスタジオ

次へ

ファイナンシャルプランナー

©ホームサロンを作ろう!