美容師

まずは技術を磨く

美容師としてアットホームなホームサロンを開くにしても、
技術とさらに顧客という人脈が無くては出来ません。

美容師として資格を得て、すぐに始めるのは並大抵の苦労ではないので、
まずはどこかの美容室で働き技術を磨いて、
そして人脈を作ってからホームサロンを開業した方が良いでしょう。

当然ながら美容師として仕事をするなら資格が必要なの、
なければ取得することとなります。

ホームサロンとしても、個人の趣味でやるならまだしも、
普通の営業するとなると店舗経営と変わりませんので、
経営の知識も多少は必要となります。

町を歩けばどこにでも美容室はあり、その数はコンビニよりも多いです。
当然ながら客を呼ばなくてはならず、他店より差別化をする必要も出てきます。

ネイルなどの独自のサービスをオプションで行っても良いかもしれません。

ホームサロンなら、
アットホームな雰囲気で落ち着けるというのが一つの武器になるでしょう。

これは通常の美容室にはあまりない特徴です。
また個人経営のホームサロンなら、
店主とゆっくりと話をしながらカットしてもらったり交流も深めることも出来ますので、
そのようなコミュニケーションをしたいというお客さんを呼ぶには最適のお店です。

ホームサロンの開業での注意

自宅をホームサロンにするなら、やはりお客さんをもてなす部屋のスペースが必要です。
美容師として開業するなら、椅子やベッドやシャンプーなどの設備は必要です。

出来ることなら休憩スペースもあった方がよいでしょう。
和室をサロンにすれば和風のサロンとなり、
使っていないような部屋をサロンとして改装しても良いでしょう。

上記のような設備が必要となりますので、
リフォームは必要であり、それなりの改装費はかかります。

完成すると今度はホームページを作って、集客のツールとします。
人によっては自宅の住所を掲載するのが嫌だという人もいるでしょう。

そのような場合は、アクセスした人に連絡フォームで連絡してもらって、
連絡してもらった人に折り返し住所を教えて、来店時間の都合を合わせましょう。

ただしホームページにはどこにあるのか、
住所と言わなくても駅から徒歩何分や、
スーパーの近くなどの表記はしておいた方が良いです。

また、予約制にした方が何かと営業しやすいかと思います。

ホームサロンを開くには、家族との合意は必要です。
開く場合は一度話をして家族に理解してもらいましょう。

中にはホームサロンを開業するのに反対する家族もいますので、
そのような場合は、諦めずによく話し合って理解してもらうべきです。

たとえ反対していても、あなたが頑張って準備し仕事をしている姿を見ると、
そのうち家族も応援してくれるようにもなります。

前へ

あん摩マッサージ指圧師国家試験

次へ

子育てサロン

©ホームサロンを作ろう!