カウンセリング

資格はあったほうが良い

カウンセラーとして自宅で開業するには、
特に資格が無くても開業は可能ですが、
やはり資格は取得した方が良いです。

実際に自宅でカウンセリングをするとなると、
あなたが家にカウンセリングに来た人に名乗ることとなり、
資格があった方が信頼性が違います。

またカウンセリングの知識があるのとないのでは、
カウンセリングでのアドバイスや対処の仕方も違いが出てくるでしょう。

資格としては民間の資格から国家資格までありますので、
これらのどれかを取得すれば良いでしょう。

代表的な資格としては、臨床心理士や認定心理カウンセラーがあります。
臨床心理士は大学院を卒業しなければ取得できないのでハードルが高いですが、
認定心理カウンセラーは講座を受講して試験を受ければ資格を取得できますので、
こちらの方が取得しやすいです。

心理学などについて学びますので、
よりカウンセリングを受ける人の悩みなどを理解しやすくなり、
アドバイスも行いやすいです。

自宅でカウンセリングを行う方法

カウンセラーとして自宅で仕事を行うには、
カウンセリングの場所と顧客が必要です。

昨今では様々な対人関係の問題があり、
ストレス社会と言われているように、
心の悩みを抱えている人は多いので、カウンセリングの需要は高いです。

特に自宅でのカウンセリングなら、
誰に相談したら良いのか分からないという方が対象になりやすいです。

まずは開業準備をするかと思いますが、
開業しても軌道に乗るまでは収入はさほど増えませんので、
出来るだけ開業にはお金をかけない方が良いでしょう。

営業する時間と、カウンセリングのメニューを決めれば、営業開始することは可能です。
通常は初回相談料とカウンセリング料の2つになっています。

料金を設定するのは難しく、高すぎると誰も来ませんし、
安すぎると収入があまりないです。
この中間の料金を設定するのが良いので、
他のカウンセリングの料金を参考にすると良いでしょう。

そして一番難しいのが自宅のカウンセリングに来てくれるお客さんの発掘です。
家の周りにチラシをポスティングしても良いですが、
これだけではお客さんはほとんど集まらないでしょう。

どのような人を対象としたカウンセリングをするのか、
ターゲットを絞ると良いです。

ビジネスで悩んでいる人、転職で悩んでいる人、
不登校で悩んでいる人、子育てで悩んでいる人など、明確にターゲットを絞りましょう。

そうすれば、そのような悩みを持っている人にアプローチすればお客さんとして来てくれます。

またホームページを開設して、そこで宣伝するのも一つの方法です。
ただしホームページはある程度の実績を作ってから開設した方が、集客効果は高いです。

前へ

メイクアップサロン

次へ

書道教室

©ホームサロンを作ろう!