雑貨店

雑貨店

自宅で開業するメリット

自宅で雑貨屋を開業するなら、
店舗と違い大々的に改装したり、大がかりや仕入れも必要なく、
少しの資金と少しの仕入れで開業できます。

自宅ならテナントと違い、
毎月の家賃も必要ありませんので固定費がかかりません。

雑貨屋なら部屋のリフォームもさほど必要なく、
棚などを用意すればすぐに雑貨屋になります。

最近では庭の一角を雑貨屋にする人もいます。

営業方法もあなたの都合にあわせた時間で行うことが出来、
子供が学校に行っている間だけ営業する、午前中だけ営業する、
午後のパートの無い時間だけ営業するといったことも出来ます。

ただし自宅で開業するのは、
部屋を店にして雑貨を揃えれば雑貨店にはなりますが、
営業での注意点もいくつかあります。

自宅での雑貨店を営業する場合

持ち家の場合は必要ありませんが、マンションやアパートの賃貸の場合は、
たとえ規約に何も書いていなくても、必ず組合や不動産に確認した方が良いです。

マンションでは生活住居チとしての利用で契約している場合は、
店舗としての営業は出来ない場合がありますので、
雑貨屋を行ってもいいか確認しましょう。

雑貨屋を開業すると、そこには不特定多数の人が訪れることとなり、
場合によっては店内でBGMを流すことにもなります。
ある程度の騒音は発生するので、近隣住民に配慮しましょう。

開業した場合は、必ず近隣の方へ挨拶に行って、
開業するということを伝えておきましょう。

営業時間と定休日は必ず決めて
、それに沿って営業するように心がけます。
個人でお店を営業するとなると、
時間を自由に設定して営業できますので、
ついつい自分の都合で今日は定休日じゃないけど
お休みにするということも行ってしまいがちです。

雑貨店を営業すると決めて開業したなら、
必ず営業日と定休日通りに
営業を行っていくようにしましょう。

お客さんを集めるのが大変

自宅での雑貨店は、小資金で開業することが出来、
その気になれば誰でも雑貨店を営業できます。

しかしお店を繁盛させていくのに
一番大変なのがお客さん集めです。

当然のことながら、お店をオープンさせただけでは、
さほどお客は集まらず売り上げは上がりません。

ホームページを開設して
そこで宣伝を行っていくとことは誰にでも出来ることです。
また近所にチラシをポスティングしていくのも宣伝になるでしょう。

売れる商品があるなら、
ネットショップを開いて販売していくというのも良いです。
どこかの雑貨店のイベントや
フリーマーケットに参加してそこで販売していくのも、
良い方法でしょう。

とにかく、お店を繁盛させるなら開業するだけでは
売り上げは上がりませんので、
自分から宣伝を行っていく必要があります。

前へ

カフェ

次へ

代理店

©ホームサロンを作ろう!