自宅学習塾

塾を開きたいという夢を持っている人もいる

塾の講師として働くのではなく、自宅で近所のお子さんに勉強を教える自宅学習塾を開きたいという夢を持っている方もいます。
どこかの塾に雇用されるとか、家庭教師として働くという事ではなく、自分の家を塾にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

生徒数について、先生が一人という場合、教える人数は多くても10名程度です。
こうした小規模の塾で自宅に生徒を招き、勉強を指導するのが自宅学習塾といいますが、進学塾とはまた意味合いが違う塾として考える事が出来ます。

看板を付けているところは少なく、どこにあるんだ?と思う所も多いです。
自宅の一つの部屋を塾として開放しているという状況で、宣伝なども行っていないので、多くは口コミによって生徒さんがやってくるという形です。

最初は一人ずつから指導し始め、そのうちお友達からお友達へ・・・次第に生徒数が多くなっていきますが、やはり10名程度が限界でしょう。
通常、テキストは市販されている問題集などを利用しますが、自分で制作するという方もいます。

自宅学習塾の大きな魅力とは

通常こうした塾を経営する時には、ある程度の広さがるオフィスなどを借りることになりますが、自宅で行う場合、賃貸の費用がかからないことなどが魅力です。
またコピーなどもインクジェットを利用していることが多く、テーブルも人数に応じて、必要に応じて増えていくので、それほどこだわりを持たなくても数あればよし!です。

つまり自宅学習塾は非常に融通が利き、しかも開業資金や経費などがほとんど必要ない状態で始める事が出来るという事が理想的です。
お子さんも最初のうちは少ないので、それこそ、経費などは掛かりませんし、指導する経験や実績、教員免許を持っているなどの資格があれば開業可能、魅力的な仕事です。

もしも失敗があっても損はそれほどない

自分で開業する、店舗を経営するなどの場合、最初に考えることが成功できるのかどうかという事です。
もしも失敗した場合、かなりの損失が出る、借金を背負う事になるという事もあり、自分の店を持つことなど躊躇される方が多いのです。

しかし自宅学習塾の場合、仮に生徒数が集まらないという場合でも、損失なく閉める事が出来ますし、賃貸物件で学習塾を経営しているという事もないので、家賃が重くのしかかってくるという事もありません。
考えてみると実に自由で魅力黄な仕事といえるのです。

損失や借金というリスクを最小限に商売できる自宅学習塾は、自宅で何か仕事をしたいという人にとって非常によい仕事です。
ただ生徒さんを集めるためには、有名塾講師を勤めていたとか、有名大学卒業で教師免許を持っているなど、実績がどうしても必要となるでしょう。

前へ

ベビーシッター

次へ

お菓子教室

©ホームサロンを作ろう!