ヨガスタジオ

趣味と実益を兼ねた教室

美容や健康のためにヨガを実践しているという方の中には
インストラクター並の実力を兼ね備えている人も多いです。

ヨガの素晴らしさを他の人も知ってもらいたい!という考えに基づき、
ヨガスタジオを自宅で開業する方が増えています。

少ないスペースでもできる!

ヨガの大きな魅力は、
ヨガマットを敷く小さなスペースさえあれば自宅でも簡単に実践できるという手軽さです。

ある程度の広さがある室内であれば、数人で一緒にヨガを実践できるため、
自宅開業も実現しやすいのです。

普段は家族でリラックスして過ごす
リビングルームにヨガマットを数枚敷くだけでヨガ教室へ早変わりします。

マットを片付けるだけでいつものリビングルームとして活用できるため、
わざわざヨガスタジオを開くためにリフォームをする必要もないのです。

資格について

ヨガスタジオを開く際にはインストラクターになるための
資格を取得しておくべきだと考えている方もいますが、
厳密には必ず資格が必要になるものではありません。

無資格でもインストラクターを名乗って指導を行っても良いので、
実際には資格がないままヨガスタジオを開いている方も存在しています。

ただし、ヨガ独特の呼吸法やヨガの歴史、
指導の仕方などをきちんと理解していなければ正しく指導もできないため、
専門的なスキルを習得しておく必要はあります。

ヨガ関連の団体や教室はたくさん存在しており、
その中で独自に認定資格制度を設けている場合があります。

生徒さんに安心してレッスンを受けてもらうためにも、
認定資格を取得した方が良いと考えることもできます。

開業準備

自宅でヨガスタジオを開くのは簡単なことですが、
心配になるのがライバルも多いという点です。

生徒さんの中にも数回指導を受けた結果、
これなら自分でも自宅で実践できると考えて
引き続きレッスンを受けてくれなくなる場合も想定されます。

このような結果にならないように、
魅力のある独自の内容を実践できるヨガスタジオを目指すべきです。

そのためにも事前にどのようなヨガスタジオにしたいのかを考えて、
ニーズをリサーチしておくことをおすすめします。

例えばダイエットに特化したレッスンや
健康維持に役立つレッスンなど独自のレッスン内容を
用意していると魅力を感じてもらえるでしょう。

いよいよ開業できる段階になったら、営業活動をして生徒さんの募集を開始します。

いきなり生徒さんが殺到するような事態にはならないと考えられますが、
何人まで同時にレッスンできるスペースが確保できるかを事前に確認しておきましょう。

チラシなどで宣伝をしても良いですが、
最初はお友達などに口コミで紹介してもらった方が良い結果になると考えられます。

前へ

書道教室

次へ

パン屋

©ホームサロンを作ろう!