お金をかけるべきところ

予算の使い方

ホームサロンを開業するには、
できるだけ予算を抑えて開業したいと考える方が多いと思います。

しかし、すべてをケチってしまうと、
貧相なサロンになってしまうということも。

お金をかけるところはかける、抑えるところは抑えることで、
雰囲気のよいサロンを開業することができますので、
そのポイントについて考えてみましょう。

予算と耐用年数を考えて準備しよう

まず、どんなサロンを運営するにしても、
施術道具についてはよいものを使用することをおすすめします。

たとえばネイルサロンであれば、
ブラシなどの小道具についてはできるだけよいものを使用したほうがよいです。

その代わり、消耗品については予算を抑えたものを選びましょう。

ブラシは、一同購入したらかなり長い間使えますので、
よいものを使用しても元は取れます。

また、こうした小道具をお客さまは意外とチェックしているもので、
よいものを使用していれば安心して施術を受けていただけますし、
安いものを使用していると「これだけの値段をとるのに、
こんな道具を使っているの?」と思われかねません。

その代わり、ワイプなどの消耗品については、
予算をできるだけ抑えたものを使用します。

個人でセルフネイルを楽しんでいるのとは違い、
サロンとなると毎日お客さまが何人もいらっしゃいますので、
消耗品の減る早さに驚かれることでしょう。

都度よいものを使っていると、
年間で考えたら安いものを使っているよりもかなりお金がかかってしまうことになりますので、
消耗品選びには気をつけたいですね。

お客様の体に触れるものについて

また、お客さまの体に触れるものについては、
できるだけよいものを使用します(消耗品以外)。

どんなサロンでも使うと思われるタオルは、
できるだけよいものを選びます。

またアロマテラピーサロンであればエッセンシャルオイル、
ネイルサロンであればジェルなど、メインで使用する商売道具は、
お客さまに安心して使用できるものを選ばなければなりません。

小さなことでも気にかける

余談ですが、例えばネイルサロンやエステサロンで、
アロマテラピーのエッセンシャルオイルをディヒューザーで焚いているところがありますね。

ああいった施術には直接関係のないものでも、
使用するならば信頼できる商品、質の良い商品を使用するべきです。
安物のオイルだとくしゃみが出てしまうというお客さまもいらっしゃいますし、
美容のサロンを開業する以上、使用している美容用品にはこだわるべき。

そうでなければ、特に焚く必要はないと思います。
おうちサロン開業では、こだわるところはこだわり、
抑えるところは抑えるという減り張りが重要です。

前へ

アロマテラピーサロン

次へ

リンパドレナージュサロンを開業したMさんの場合

©ホームサロンを作ろう!