ネイルサロン

ネイルサロンで開業するには

ネイルサロンとしてホームサロンを開業するには、どのくらいの費用が必要なのでしょうか?
ここでは、自宅にサロン用の部屋があり、
家賃や敷金礼金などを準備する必要がない場合で考えてみたいと思います。

ネイルサロン

ネイルサロンを自宅で開業する場合

ネイルサロンを自宅で開業する場合には、
多めに見積もって30~50万円もあれば、
十分素敵なホームサロンを開業することができるでしょう。

必要なものは、ネイル用品一式、デスク、チェア、
クッション、そのほかリラクゼーショングッズなどになりますが、
お手頃なもので揃えれば、30万円もあれば十分です。

ネイル用品やデスクなどに拘りたい場合は、
そのこだわり具合によって値段が変わってきます。

ネイルの施術において、
何を取り扱うかによって揃えるネイル用品も異なってきますので、
金額もまた変わってきます。

例えば、ジェルのみで開業する場合には、ジェルのみ、
またそれに付随したブラシなどの用具を用意すればよいですが、
アクリルも取り扱う場合は、アクリルにそれようの用具を揃える資金が必要になりますし、
ポリッシュを扱う場合はポリッシュの料金も必要になります。

3Dなどを取り扱う場合にも、それに必要な用具を揃えるので、用意する資金も増えますね。

ちなみにポリッシュを取り扱う場合、
最初はどの程度の色を揃えればよいか悩まれる方も多いかと思います。
開業する地域や、来店されるお客様の年代によっても変わってきますが、
ごく標準的な色を揃える場合には、ピンク系、数本、ベージュ系数本、
ホワイト、パールホワイト系数本を揃えておけばよいでしょう。

ジェルネイルにポリッシュでアクセントを入れるというネイリストもいるようですので、
そういった方はポリッシュを扱わなくても数本用意している場合もあるようです。

ホームサロンの場合は、一度に一人の施術しかできませんので、
デスクは一人がけ用で十分です。

加えて、次の予約に早めに来た方が待っていられるように、
小さなテーブルとチェアを用意し、
お茶などをふるまえるようにすると、サービスが行き届いた印象を与えられます。

ホームサロンは、比較的安価で開業できるのが魅力ですので、
いろいろな問屋を回って、格安で材料を仕入れれば、どんどん節約することが可能です。

とにかく安い材料を追い求めるがあまり、
「安かろう悪かろう」になってしまわないように、
いろいろな材料屋さんを吟味しつつ、
できるだけ節約した形でサロンを開業できるよう、
市場調査はしっかりと行うことをおすすめします。

前へ

ホームサロンと施術費用の折り合い

次へ

おうちネイルサロン体験談・Nさんの場合

©ホームサロンを作ろう!