認定トータルエステティックアドバイザー

認定トータルエステティックアドバイザーとはどういう資格なのか

エステは現代多くの方が通われており、モデルさんやタレントさん以外、一般の方も気軽に施術を受けられるようになっています。
各地域にエステなどがありますが、エステサロンなどを開業するために目標としておく資格に認定トータルエステティックアドバイザーがあります。

エステサロンで指導的な役割を果たすために、エステの上級技術者に与えられる資格であり、フェイシャルトリートメント、ボディケア、脱毛、さらにカウンセリングなどエステで行う様々な技術、サービスなどについて深い知識、技術を持ち、習熟していること、さらにエステについて広範囲な理論や技術を理解していることなどを認定するものです。

エステティックサロンを経営するため、また指導的立場に立つエキスパートとして能力を持っていることを認定するもので、将来エステティックサロンを経営していきたいと思う方にとって取得しておいてほしいプロフェッショナル資格です。

認定トータルエステティックアドバイザーの受験概要

日本エステティック協会正社員であり尚且つ認定エステティシャンであることが第一の条件です。
この上で協会認定校1000時間以上コース・CIDESCO国際認定校1200時間以上の修了で正会員登録した人、若しくは認定エステティシャン資格取得後、2年以上の実務経験を有している、5年以上の実務経験を有している認定エステティシャンであることが求められます。

試験料については協会ホームページ等で必ず確認してください。
試験方法は1次試験が論述式の筆記試験120分で2次試験がフェイシャル・ボディ・ワックス・脱毛・メイクアップ・マニキュアなどの実技試験、3次試験がケースヒストリー16例の提出がおこなわれます。

エステなどの美容業界で活躍できる資格

エステなどの美容業界でプロ、また指導者として活躍できる資格であり、上級技術者として認定されるものなので、これからエステティシャンをめざしいつか自分のサロンを持ちたいと思っている方にはぜひ目指してほしい資格です。

受験資格については協会認定エステティシャン資格取得者について2年以上の実務経験が必要となっています。
エステに関する広範囲で深い知識、さらに熟練した技術も問われますので、ほんとの実力者に送られる資格と考えておく方がいいでしょう。

この資格を取得されている方の中には未来のエステティシャンを育成する学校等で指導者という立場、スクール講師などとして働く方も多いです。
エステに係わる仕事、またヘアメイクなどの美容系の仕事にも役立つ資格となるので、取得しておいて損はないでしょう。

前へ

JNAジェルネイル技能検定

次へ

自宅でジェルネイルサロンを営むOさんの話

©ホームサロンを作ろう!