ファイナンシャルプランナー

お金の管理に強くなれる

開業をすると不安になるのが赤字にならないか…という問題です。

しっかりお金の管理をしておかなければすぐに赤字になってせっかく開業した仕事どころではなく、
自分の日常生活すら危うくなってしまいます。

このような状況にならないためにも、
お金に関する専門的な知識を持っているととても便利です。

お金に関する専門的な知識を持つ資格として有名なのが
ファイナンシャルプランナー=FPです。

FPになる方法

FPになるためには
専門スキルを習得していることを証明する資格を取得しておくことが前提になります。

日本には国家資格と民間資格が存在していますが、
等級によっては双方の資格が関連しているという特徴があります。

まず国家資格の場合はFP技能士という資格になり、
3級から1級までが存在しています。
また民間資格はCFPとAFPというレベルに別れており、
CFPは世界標準資格でありAFPはCFPの基礎的な資格として位置付けられています。

このうち双方が関連するのは2級FP技能士とAFPです。
2級FP技能士に合格した方は登録をするだけでもAFP資格を得ることができます。

どちらの資格を優先的に取得するべきかと迷う場合は、
国家資格の2級FP技能士をおすすめします。

こちらは取得後に生涯有効な資格になりますが、
AFPについては2年毎に更新をするための手続きが必要になるという特徴があります。

受験資格はFP技能士で3級はFP業務に就こうしている方が条件になっているので、
実質的にどなたでも受験できますが、
2級については3級の合格者やAFP認定研修を受けた方、
FPとして実務経験がある方などの条件を満たさなければいけません。

FPはお金という私達の身近な存在で
とても重要なものに関連する専門知識が問われる資格なのでとても勉強しやすいです。

難しそうな専門的な知識が問われる内容になっていますが、
事前にしっかり勉強をしておけば合格できる資格と言われています。

なお、試験では学科試験と実技試験が行われるため
どちらも問題なく合格できるレベルに達していなければいけません。

自分だけでなく他人のためにも役立つ

少なくても2級FP技能士やCFPの有資格者は
お金の管理などについて詳しい知識を持っていると認められるため、
自分が開業した事業の収支バランスを考える際にも役立ちます。

どのように事業を黒字化させるべきかを理論的に考えられるため赤字になりにくいです。

必要に応じて専門的な知識を活かして
お金の管理で困っている方に対してアドバイスをすることも可能です。

遺産の管理や生命保険の加入についてなど個人的な
お金の問題に対して適切なアドバイスができるので、
多くの人から頼りになる存在として活躍できます。

前へ

パン屋

次へ

簿記検定

©ホームサロンを作ろう!