理容師・美容師免許

理容師・美容師免許とは

理容師・美容師として仕事をする場合には、
必ず事前に理容師免許や美容師免許を取得しなくてはいけません。

これらの免許は国家資格として位置づけられており、
免許の交付を受けることにより
無免許の人には行うことができないような排他的な業務を
行うことができるようになっています。

資格の効力が大きい分取得のための課程もかなり手間がかかるようになっており、
免許を得るためにはまず高等学校卒業のあとで専門の養成施設を卒業し、
それから国家試験に合格をして登録の申請をしなくてはいけません。

資格取得ができる専門学校には通学で取得ができる昼間・夜間の分と、
自宅などで同じように必要な学習内容を修得できる通信教育とがあります。

免許取得ができる厚生労働大臣指定養成施設は全国に200以上も学校があるため、
全国どこにいても主要都市なら一つは学校を選ぶことができるよういになっています。

ただしヘアスタイリングなどを教えている
専門学校・スクールであっても厚労省認定ではないところもないわけではないので、
もし最終的に免許取得を目指すならまずは学校案内などで
その旨をしっかりと確認しておいた方がよいでしょう。

開業までのコース

理容師や美容師として開業をめざすなら、
まずはいずれかのサロンに勤務をしながら経験を積んでいくことが重要です。

もちろん免許さえ受けていれば、
全くお客さんの髪をカットした経験がなくても開業をすることはできます。

ですが店舗で独自のお店を持って営業をしていくときには、
ヘアカットの技術だけでなくそのお店をどのような方針で
どのくらいの価格設定などで運営していくかといった経営の知識や技術も大切になってくるので、
そうしたノウハウが全くないうちに開業するのはかなり困難が伴うといえます。

そのため一般的な美容師・理容師は学校で免許を取得してから
まずはいずれかのヘアサロンや理髪店に勤務をして
数年程度お店で仕事をするということ全般的に学んでから独立をしていくというコースをとります。

勤めていたお店でおなじみのお客さんができたというようなときなどには
新しいお店に誘導するといったこともできるので、
やはりまずはどこか人気店で勤務をして実績をつくるのが重要と言えるでしょう。

店舗運営はかなり難しいのが現状です

理容師や美容師は手に職がつく一生ものの仕事ではありますが、
実際自分のお店を持って長く営業を続けていくとなるとかなりの企業努力が必要になってきます。

街を歩いたりしてもわかるように
ちょっと大きな都市になるとひとつのブロック内に数軒もヘアサロンがあるというような
厳しい競争状況におかれていたりするので、
そこで常連さんを維持しつつ安定的に仕事をしていくのはかなりの努力が必要になります。

またヘアサロンはよほど腕がよいなど特徴でもない限りは都市部の方が集客に有利となることから、
かなりお店の賃料が高くつくことになってしまいます。

そうした状況をかんがみ、
最近では新たに開業する理容師さんや美容師さんの中にはあえて
お店を持たない訪問理髪を行うような方法や、
大手サロンとフランチャイズ契約を結ぶといったような独自の営業方法を考えていく人もみられます。

前へ

リンパドレナージュサロンを開業したMさんの場合

次へ

アロマテラピー検定

©ホームサロンを作ろう!