ブランドをつくるか、チェーン店にするか

経験をできまる

ホームサロンを開業するにあたり、自分のブランドを新しく立ち上げるか、
チェーン展開するかに悩まれることと思います。
これは、あなたがそれまでどのようなお店で働き、修行をしてきたかが重要になってきます。

注意することと意識すること

あなたが全国展開している大手のエステで長く働いてきた場合は、
大手であることはメリットであるともいえますので、
チェーン展開すると最初からある程度の集客が期待できます。

しかし、大手チェーン店の施術や設備と、
ホームサロンでの施術や設備はかなりの違いがありますので、
顧客がチェーン店と同じサービスを求めたときに、
それに応えられない可能性が高いので、注意が必要です。

暖簾分けの形でホームサロンを開業する場合は、
サロンルームをあなたが働いていたお店のインテリアと同じテイストにしたり、
使用しているコスメを同じ物を使うようにするなど、チェーン店と共通の何かを表現すると、
お客様は安心してあなたの施術を受けることができると思いますので、その点を意識してみましょう。

あなたがこれまで働いてきたお店が有名店でない場合、または独学で施術を学んだ場合は、
自分のブランドを立ち上げたほうが、集客しやすいと思われます。

ただしその際は、あなただけが持っている技術や、
あなたのお店でしか提供していないような
「売り」を前面に出して営業をかける必要があります。

あなたの持っている技術がどれだけ素晴らしいものなのかを、
顧客が確認する術がないと、集客に繋がりません。

なんらかのPRで店舗のアピールをする際には、
ぜひあなたの「売り」を見つけてみてください。

「あなたらしさ」を作ることの大切さ

チェーン展開する場合でも、あなただけの「売り」、
自分のブランドを確立するということは、非常に重要です。

チェーン店でも、この人の施術が受けたいと、
半分指名のような形で施術を依頼されることがあったかと思います。

店の看板はもちろん重要ですが、
エステのような直接顧客の体に触れて施術を行うようなサロンだと、
顧客にどれだけ信頼されるか、顧客があなたをどれだけ必要としているか、
ということがとても大切になってくるのです。

「あなたに施術してほしい」と思わせる何かを持っているかいないかは、
今後のサロン運営に非常に大きく影響してきます。

ブランドをつくることと、チェーン展開することのメリット・デメリット

・ブランドを作る場合

メリット:あなた独自の売りをつくることで、看板がなくても集客に役立つ
デメリット:なにか売りがないと、集客につながらない

・チェーン展開にする場合

メリット:看板があるので顧客からの信頼を得やすい
デメリット:チェーン店で展開しているサービスを同じサービスが提供できないと、
      顧客離れを招くおそれがある

前述しましたが、あなたがホームサロンを開業するまでに、
どのような形でお仕事をしてきたかによって、
ブランドを立ち上げるか、チェーン展開するかが決まってきます。

サロンのPR方法が集客につながるかどうかが一番重要になってきますので、
ご自身の経歴やスキルに合わせたサロン展開が一番望ましいといえるでしょう。

©ホームサロンを作ろう!