設備とコスト

費用

ホームサロンをつくるには、
それぞれのサロンの種類や規模によって金額などは変わってくるものの、
設備の用意が必要になったり、コストがかかってきます。

ここでは、サロンに応じた必要な設備や、
かかる費用について考えてみましょう。

比較的低予算でできるサロン

まず、アロマテラピーサロンをつくるということであれば、
自宅サロンの場合は大きな費用はかからないと考えて良いでしょう。

施術ベッドとアロマオイル、タオル、カルテなどの用意があれば、
最低限の施術は行うことができます。

あとはインテリアをサロンっぽくしたり、
プラスアルファの備品などの用意があれば十分です。

一番重要なのはアロマオイルの用意になるかと思いますが、
これからサロンを出そうと考えている方は、
すでにある程度のオイルの用意はあるかと思われますので、
追加で購入したとしても、それほど大きな出費にはなりません。

ホームサロンの部屋の準備が整っているのであれば、
10~30万円程度あれば、十分に開業することが可能です。

ネイルサロンの場合も、
大きな出費がなくホームサロンを開業することができます。

施術するデスクや椅子、
ライトなどがあれば最低限の設備は揃ってしまいます。

ネイルグッズもアロマテラピーサロン同様、
すでにある程度は揃っているかと思われますので、
こちらも追加のジェルやラメなどを用意したとしても、
大きな出費にはならないでしょう。

費用は同じく20万前後で開業することができると思われます。

準備に費用のかかるサロン

逆に、比較的費用がかかると思えるホームサロンは、
機材を使用して施術を行うエステサロンではないでしょうか。

スチームや遠赤外線のライト、
そのたこれまでサロンで使用していた機械を
ホームサロンでも使用したいとなると、
それと同じものを揃えなければなりませんので、
設備費がかなり必要になります。

脱毛サロンを自宅で開業したいという場合も、
一般的なサロンと同じ機器を使用したい場合は、
買い取りであれレンタルであれ、ある程度の出費が必要です。

どの程度の設備を用意するかによってかかるコストも大幅に変わってきますが、
最初は必要最低限から始めてもよいかと思われます。

ホームサロンの場合は、立地によって来店する顧客層が変わってきますので、
顧客の動向を掴んでから設備を用意しても遅くありません。

ホームサロンを開業する方は、
できるだけコストを抑えたいと考えている方がほとんどかと思われますので、
いきなりあれもこれもと揃えてしまうようなことはせず、
まずは無理のない範囲で開業を検討しましょう。

©ホームサロンを作ろう!