営業時間・場所

営業時間

ホームサロンを運営するにあたり、営業時間も重要になってきます。

ホームサロンを開業したいと考える方は、
恐らく自分のペースでサロンを運営していきたいと
考えている方が多いかと思いますので、
そうなると必然的に営業時間が短くなったり、
早く閉まってしまったりということになります。

自宅開業だからと油断せずに

自分の都合にあわせて、お店を開店したり閉店したりすることができるのは、
ホームサロンの大きなメリットですが、逆に自由に時間設定ができてしまうことで、
お客様が遠のいていくという可能性もあります。

営業時間が短いので、
仕事帰りのお客様が立ち寄れないということになると、
必然的に顧客が減りますし、
しょっちゅう「今日は用事があるから」
「ちょっと疲れているから」とお店を閉めていると、
「このお店はいつも営業していない」というレッテルを貼られてしまい、
営業時間が長いお店に顧客が流れてしまいます。

自宅で仕事をしている人全般に言えることかと思いますが、
外で働く以上にストイックにならないと、
ホームサロンの運営は難しいかもしれません。

土日営業のほうがお客様は喜ぶ

また、ホームサロンを運営している方は、
土日祝日を定休日にしている方が多いようですが、
できれば一般の店舗と同じように、土日祝日は営業したほうが、
お客様は喜び、サロンの利益も上がります。

専業主婦が多いような住宅街でサロンを展開するのであれば、
平日の日中のほうがお客様の入りはよいでしょう。

ただし、専業主婦を対象にする場合は、
価格帯をかなり下げないとリピーターがつきづらいです。

最近は、大手のエステサロンもかなりの低価格でトライアルエステを行いますし、
実際の施術も大変割安になってきていますので、
ホームサロンであることのメリットがなければ、顧客もよりつきません。

エステに何か特別なものがあるか、
費用が安いか、主婦にかぎらず、
プラスアルファを求める顧客は多いので、
何か策を考える必要があります。

場所は、すでに自宅があって、
その場所でしか開業できないのであれば、
もう選ぶことはできませんが、
ホームサロンを開業するにあたり、
引越しをして、サロン向けの物件を探したいという場合は、
どんな場所に居を構えればよいのでしょうか。

治安がよくて、人通りがあって、角部屋で……などと、
よい条件を挙げたらキリがありませんが、
あまり奥まったところにあるよりは、ある程度駅から通いやすく、
大きな通りに面した物件のほうがよいでしょう。

一軒家でサロンを開く場合は、
隠れ家サロンと称して奥まった場所にあっても格好がつきそうです。

時間と場所に関するホームサロンのメリット・デメリット

・メリット:自分の好きな時間に営業することができる。自宅で行えば場所を借りる必要がない
・デメリット:ある程度ストイックに運営しないとリピーターが集まらない

サロン運営計画をたてるときは、
どの客層をターゲットにするかも明確にしておきましょう。
それによって、どこに居を構えるべきか、
営業時間はどうすればよいかがつかめてきます。

サロン開業にあたり物件を探すときは、
治安がよく大きい通りに面した物件を探すこと。

©ホームサロンを作ろう!