接客業の心得

開業にあたり

ホームサロンを開業するにあたり、
やはり接客についてはしっかりとスキルを身に付けておきたいもの。

これまで十分にサロンで修行を積んできた、
という方であれば問題ないかと思いますが、
ホームサロンを開業する方は、スタッフとしての経験が短いという方も多いので、
接客スキルが少し乏しいということもあるようです。

ホームサロンの場合は、アットホームな空間であることも魅力のひとつなので、
そこまでかしこまった接客をする必要はないかもしれませんが、
あまりに馴れ馴れしいのもよくありません。

微妙なバランスが重要になりますが、
基本的な礼儀はしっかりと抑えておくということは念頭においておきましょう。

礼に始まり、礼に終わる

初めてサロンに訪れたお客さまに友達言葉で会話をするというのはご法度です。

たまに、ホームサロンを運営している方に電話で問い合わせなどをすると、
いきなり友達言葉で返答されてしまうことがあるようですが、
これはお客さまをどんどん引き離してしまいますので注意しましょう。

たとえそのうち友達言葉を使って話すようになったとしても、
いきなり敬語なしで会話をするというのは仕事をする上でよいことではありません。

相手はホームサロンということで少し不安を感じているでしょうから、
安心感を与えることは重要なのですが、マナーだけはきちんと守りたいですね。

お客さまは料金を支払ってあなたの施術を受けに来るのですから、
友達感覚でいてはいけません。

サロンでの空間に癒しを求めて来られるお客さまが多いかと思いますが、
癒しと馴れ馴れしさは違います。

基本的には店舗型サロンと同じような感覚で接客してよいと思われますので、
まずは自分が運営するサロンと同内容の施術を行っているサロンに足を運んで、
接客を受けてみるとよいでしょう。

自分が受けたい接客を知ろう

自分が受けたい接客はどんなものかということがわかると、
ホームサロンでどんな接客をすればよいかということが必然的にわかってきます。

ひとつのサロンだけではなく、いくつかのサロンに足を運び、
できるだけいろいろな人の接客を受けてみてください。

そのうち、「こういう接客はお客さまに対して失礼だな」とか、
「こういう接客だと喜んでいただけるかもしれない」ということがわかってきます。

自分の好きなように運営をできるのがホームサロンの大きなメリットではありますが、
それはお客さまあってこその運営。

何よりもお客さまを一番喜ばせて差し上げることができるよう、
接客についてはしっかりと学び、サロン運営に活かしてください。

©ホームサロンを作ろう!