カテゴリー: ホームサロン開業体験談

自宅の一部を改築して茶道教室を開いたSさんの場合

Sさんの素敵な茶道教室

通常茶道教室というと、これぞ日本家屋!!という建物の中にある、というイメージをお持ちになる方も少なくないと思いますが、Sさんの茶道教室は本当にごく普通の一軒家です。
この一軒家の中に本格的な茶室があると誰も想像できないというくらいの普通の家なのですが、ここはRさんの夢の職場、週末にSさんは茶道教室の先生となるのです。

茶道教室を行って10年、以前は2階にある和室で開いていたといいますが、正式な作法に沿ったおけいこができるようにしたいと思っていたところ、ちょうどよく実家がリフォームするという事になり、使っていないスペースに茶室をしつらえたといいます。

Sさんは中学から習い事として茶道をたしなみ、30代で茶道の道に本格的な介入を果たした方です。
この当時、茶道教室といっても子供のママ友が数人くるくらいで、教室というよりもちょっと教えているという感覚でした。

しかし教え上手という事もあり瞬く間に口コミが広がり、実はこうしたお茶などをたしなんでおきたいと考えたママたちが10人以上来るようになりました。
ただ茶道家としてこの先仕事していくこと、この覚悟をするために時間がかかり躊躇していたRさん、次第に増えていく生徒さんに対しやっと決心を固めました。

仕事として生涯磨きをかけていくこととして

茶道は先生として指導することで、職業という事にもなりますが、お茶の道は一生かけて精進するもの、その為、Rさんのライフワークともなっていることです。
何も趣味を持っていない人、また仕事をしたいと思っている人にとっては、Sさんのように趣味と実益が伴っている姿はとてもうらやましい事かもしれません。

しかしこの場合、人を雇用して経営するという事、何かのサービスを施すという事ではなく、指導という立場に立つのですから、生徒さんを持つという事について、またそれが職業となる事について、非常に葛藤があったことも、また悩まれたという事も納得です。

Sさんがこの決心を固める事が出来た背景には、土日以外、全く茶道とは関連性のない仕事をしているという事があります。
2日から3日程度、ごく普通のパートを行う事で指導者という立場でありながらもごく普通に、仕事をしているということが心のバランスを整えているのだと想像できます。

心にメリハリができる働き方

雇用されているという立場のパート、それとは別に土日、生徒さんにお茶を指導するという状態、こうした二足のわらじが可能なのは全く違う生活空間があるからだと感じます。
外の世界を感じる事の出来るパート、指導するという責任ある立場の茶道教室、いずれもRさんが培ってきた人生経験が活かせる素敵な時間だと感じます。

自宅の一室でリフレクソロジーのサロンを経営しているTさんの場合

街で見かけるようになったリフレクソロジーのお店

昔は都市部にしかなかったリフレクソロジーのお店ですが、最近は各地域で見かけるようになりました。
駅前やオフィスビルの近くなどにリフレクソロジーのお店を見かけたことがあるという方も多いでしょう。

リフレクソロジーというのは足裏の反射区と呼ばれる部位に素手で施す施術で、施術を受けられている方が痛いでも気持ちがいい・・・位の刺激を与え、ストレスを解消したり、冷え性や肩こり、腰痛など、日本人の多くが持っている悩みを解消するというものです。

通常、サロンで受ける事の多いリフレクソロジーですが、この技術を自分で身に着けて今度は自分が誰かの癒しになりたいと思う方も少なくありません。
まだまだ、リフレクソロジーの技術を身に着けてリフレクソロジストになるという方は少なく、教室なども少ないのですが、すでにリフレクソロジストとして活躍されている方もいます。

Tさんは自分自身が癒しを求めていた時、リフレクソロジーを知りその癒しの力に驚いたといいます。
ちょうど子育て真っ最中という時期、どうにもならない気持ちをリフレクソロジーが癒してくれました。

Tさんのようにご自身がストレスやイライラで辛い時期を過ごし、それを解消してもらったことで、リフレクソロジストを目指したという方は少なくありません。
Tさんがリフレクソロジストになりたいと思った時に、タイミングよく新聞折り込みにリフレクソロジーのスクール申込みがありました。

即入学したいと思ったのですが、結婚されお子さんも小さいという事で1年後、実家のお母さんを説き伏せて子どもを預けスクールに通いました。
家の事情もありスクールに通う事を延期するという事もあったようですが、本当にやりたいと信念をもって取り組めば最後までしっかりやり遂げる事が出来るのです。

スクールから独立へ

スクールは実際に費用も掛かりますし、現代は様々なスクールが登場しているので、費用やカリキュラム、自分が通い続ける事が出来るかどうかなどを確認し、通う事が出来ます。
次第にスクールで技術や知識をしっかり持つことができるようになり、少しずつ先が見えてきました。

サロンで働き始めたBさんは約1か月間の研修を受けて、1日に複数人の顧客に対応し少しずつ指、手を鍛え施術を磨いていきます。
しかし慣れてくると、本当にこの空間で自分が思い描いていた癒しを顧客に与える事が出来ているのか?と不安になりました。

そんな時ちょうどよくお店に来ていたある顧客の方がリフレクソロジーのお店を開く予定があるので、手伝ってほしいと声をかけられたのです。
新しいサロンとなる場所が自宅から近いということ、迷いが生じた時にふと出てきたタイミングのいい話に、これは運命だと感じお話に乗らせていただいたといいます。

そのお店で経営について触れ、責任者として多くの仲間と一緒に働き次第に自信が持てるようになり、自宅のマンション購入時に、ここへ新しくサロンを開こうという決心がついたといいます。

1日限定1組様という働く条件を設けたことで、大規模な費用も必要なく、自分らしい働き方が出来ているといいます。
人に癒しを与えるという仕事ですから、まず自分がいい環境にいるという事も大切だと、Bさんのお話を聞いていると非常に強く感じます。

リフレクソロジストとして活躍されているTさんは、自分の理想的な働き方、その空間を持っているお見本的な存在に感じます。
努力や時間、費用なども必要となりますが、コツコツと努力していくことで先は開けていくという事を実践されてきたBさんです。

自宅でジェルネイルサロンを営むOさんの話

実際にジェルネイルサロンを営むOさんのお話を聞いてみよう

自宅にサロンを持ちたい、自宅以外にお店を持ちたいという夢をお持ちの方にとって、すでにサロンを経営されている方のお話は非常にためになる情報となるでしょう。
今回はお客様から絶大な人気を誇っているOさんの自宅サロンについてお話を聞いてみました。

Oさんがネイルに興味を持ち始めたのは自分の爪が本当に弱かったから・・・という理由です。
どんなにカッコよくオシャレをしてもお呼ばれ先に出かけても、爪に自信がないためそれがコンプレックスとなっていて、手先を人前に出す事すらためらわれていたといいます。

通常のネイルは爪を弱くしてしまうばかりできれいにネイルを施したいと思ってもなかなかうまくできませんでした。
しかしジェルネイルという画期的なネイルがあるという事を知り、サロンで施術してもらったといいます。

しかしOさんが想像していたのとは別で、自分が思い描いていたデザインのようにならなかったり、予約の時間がなかなか取れないなど、その施術は常に不満がつきものだったのです。

そこで、自分でジェルネイルのサロンをすればもっと素敵なデザインができるのでは?予約時間など気にせず、自分の時間で素敵なネイルを施せるのではないか?と考えて、ネイルを趣味的に、でもしっかりと習おうと思い始めたそうです。

ネイルスクールへの通学は苦労の連続

当時小学校と幼稚園という年少の子供たちがいたOさんは、お子さんたちが学校等に行っている間に、ネイルスクールに行くようにし、ご家族の面倒をしっかりみて子どもたちが寝てから毎日深夜までネイルの勉強、練習をしたといいます。

非常に苦しい時間となりましたが、自分にはここしか時間がないと考える事で、より一層集中して練習が出来たと語ります。
最初こそ、趣味の中でおこなおうと思っていたのに、学校を卒業してジェルネイル関連のお友達も増えていき、その中で自分だってもっとできるのでは?と考え始めました。

オリジナルのデザインを作ったり、美しいネイルを施せるようになると、これを多くの方に施術してあげる事が出来るのでは?自分と同じように爪の悩みを持っている方に自分の技術でその悩みを解消してあげる事が出来るのかもしれないと考えたのです。

Oさんは自宅でネイルサロンを開くことを決意し、甘えを捨ててしっかり精進し自宅をネイルサロンとして活用するために様々な事をクリアし、実際にサロンを開業しました。
自宅にネイルサロンがある事の利点はもちろん時間の融通が行くということ、通勤の時間がかからないこと、お子さんがいる時間でも仕事ができる事等たくさんあります。

しかし、自宅がサロンであることでどうしても値段を低く設定してしまったり、初めてのお客様はやはり「自宅にあがってもらうため」緊張感が消えないといいます。
いい点、悪い点などいろいろありますが、趣味を実益に替えていくために努力を重ねたOさんの例は、ジェルネイルサロンを開くためにとても参考になるお話だと感じます。

ペットサロン

ペットが利用するサロン

ペットサロンはペットのためのサロンであり、利用者はペットです。

犬や猫などが利用して、
飼い主のペットのシャンプーやトリミングなどを行う、
ペットの為の美容室です。
ペットブームによって、年々ペットサロンは増えています。

しかし最近はペットサロンの傾向が少し変わってきており、
ペットのホテルを併設、ペット商品を販売、
カフェを併設するなど、顧客のニーズにあわせてその趣旨も多様化しています。

ペットを販売していないと言うことを除けば、ほとんどペットショップと変わりません。
ペットサロン利用者は、あまりペットの散髪などに関して知識がない人も多いです。

そのような場合は、ペットサロンの美容師がアドバイスしたりするところもあります。

ペットサロンではシャンプーやトリミングを行い、
サロンによってはトリミングをガラス張りの部屋で行い、
飼い主が見られるようになっているようなサロンもあります。

そのようなサロンは、ペットがどのようになっていくか、
飼い主が分かるので安心できるでしょう。

カフェを併設しているようなサロンは、
飼い主だけでなく飼い主のペットも同伴出来るようなカフェもあり、
ペット好きの人が集まるカフェとなっています。

そのようなカフェはペット好き同士の憩いの場ともなっているのです。

最近では人が利用する美容室以上のサービスを提供するようなペットサロンもあり、
ペットのおしゃれを追求する飼い主もいます。

参考 : ぱぱっと検索!トリミングタウン

ペットサロンを開業する

ペットサロンを開業したいなら、
ペットの美容師であるトリマーの資格が必要です。

資格を取得するならトリマーの専門学校に入り勉強する必要があり、
学費は300万円ほどかかります。
資格が取得できたら、次は技術を磨かなければいけません。

資格取得後に技術がないのにペットサロンを開業しても売り上げはあがらないでしょう。

まずはペットサロンやトリマーを募集しているようなお店で雇ってもらい働き、
働きながら技術を磨いていくべきです。

トリマーの資格を持っていれば、
動物病院やペットショップやペットホテルで働けます。

そして技術を積み、開業資金も貯まりある程度の開業の目処が出来たら、
開業準備へ移ります。

店舗を開業しますので、どこかのビルの一角を借りたりする必要があります。

また最近では移動式の車でペットサロンを行う人もおり、
こちらの方が開業資金は少なくて済みます。

お店を開く場所が確保できたら、
1人で営業するならすぐに開業することが出来、
人を雇うならフリーペーパーなどで集めましょう。

もしも開業資金が足りない場合は、
どこかからお金を借りて融資してもらうこととなりますが、
実績がないと銀行などから借りるのは難しいので、
日本政策金融公庫などの公的融資を利用するのが良いです。

リンパドレナージュサロンを開業したMさんの場合

開業実話

Mさんは、3年ほど前から自宅の一室にサロンを設け、
リンパドレナージュの施術を行っています。

開業するまではサロンのスタッフとして働きながら施術技術を身に付け、
サロン移転に伴い退職をして独立されました。

自宅で施術する場合の課題と壁

Mさんの自宅は1DK。決して広いとはいえません。

1部屋は寝室や自分の部屋にしなければならないので、
6畳ほどのダイニングスペースをサロンにしています。

賃貸物件ですのでリフォームなどはせず、
洋風の屏風で仕切りを付けて、玄関とサロンスペースを区切りました。

玄関を入ったところに待ち合いスペースとして椅子を設け、
そこでフットバスを受けていただきます。

足が温まったら屏風の中に入り、服を脱いでいただいて、
施術着に着替えてベッドの上へ。

底で施術を行い、完了したらそこでそのまま着替えていただいて、
待ち合いスペースでお茶を飲んでいただきながら会計をする、という流れにしています。

リピーターを増やすために

居心地のよいサロンとはいえないのですが、1日の収入を考えて、
比較的高めの施術費を設定してしまったところ、
初回のお客さまは割引があるので頻繁にいらしてくださるのですが、
リピーター様がなかなかつかないという壁に当たります。

そこで、1ヶ月間施術料半額キャンペーンを行ったところ、
キャンセル待ちが出るほどの集客に。

しかしまた通常の価格設定に戻すと、やはりリピーター様はいらっしゃいません。

そこで価格設定を大幅に下げると、
ぼちぼちとリピーター様がいらしてくださるようになり、
そこからは低めの価格設定で施術を提供しています。

とあるお客さまに、「リピーター様が増えない」という相談をしたところ、
こんな回答をいただいたのだそうです。

Mさんのサロンでは、
一番高い施術で全身マッサージ120分を12,000円で提供していたのですが、
少し電車に乗って出かければ、
まったく同じ全身マッサージ120分の施術が12,000円で受けられる。

しかしそこは完全個室で、
個室の中にジャグジーとシャワールーム、
パウダールームまでついている。

施術技術は決して低くないけれど、
エステの魅力である高級感を出せないのであれば、
その分価格を低くするなどして対処しないと、
集客は厳しいのではないか、というご意見でした。

価格を下げることで運営において難しくなることがいろいろあるのですが、
やはりお客さまはかなりシビアな目でサロン選びをされているのだということがわかり、
ホームサロン運営の難しさや心構えがわかったMさんは、
その後価格帯を下げたことで、体力的にはきつくなりましたが、
順調にサロン運営をなさっている様子。

これからもよりよいサロン運営を頑張っていただきたいと思います。

おうちネイルサロン体験談・Nさんの場合

Nさんについて

Nさんは3年ほど前に、自宅の一室でネイルサロンを開業しました。
Nさんはご結婚なさっていて、6歳のお嬢さんがいらっしゃいます。

日中お子さんは保育園に預けて、サロンを運営されています。

独立までの経緯

独身時代からネイリストとして活躍、
大手ネイルサロン系列のネイルスクールを卒業し、
系列のネイルサロンで働いていました。

旦那様は土日休みの一般的なサラリーマンの方。
今のサロンで働いている間はとても土日が休めない、
ということから、独身時代からいろいろと悩んでいらしたのだとか。

サロンでの仕事は勉強になることがたくさんあり、
充実していましたが、結婚を気に思い切って退職。

結婚後タイミングよくお子さんを授かったので、
暫くの間は専業主婦として家事や育児に専念しつつ、
自分やお友達のネイルをたまにやってあげる程度だったのだそうです。

お子さんが小さいうちから保育園に預けることができれば、
パートでネイリストとして復帰したいと考えていたとのこと。

残念ながらかなりの待機児童で0歳から保育園に預けることはかなわず。
年少のときに、やっと保育園に預けられることになったので、
ネイリストとして復帰することになりました。

当初はネイルサロンで働こうと思っていたのですが、
パートでも土日は出なければならないサロンがほとんどでした。

どうしても土日はご主人と一緒にお休みをとり、
家族揃って過ごしたいというこだわりがあったNさんは、
思い切って自宅の一室をサロンにし、おうちサロンを開業することにしたのです。

かなり長い間ネイリストとして本格的に働いていたので、
ネイル用品は揃いすぎるほど揃っていました。

自宅は、将来お子さんの子供部屋にしようと思っていたところをとりあえずサロンにし、
ネイルを施すデスクと、お客様とNさんの椅子、
カウンセリングができる小さなティーテーブルとチェアのセットなどを購入し、
総額15万円程度で開業に至りました。

開業してからのNさん

最初はお友達に通常の半額で施術をし、
その後お友達からの口コミで徐々にお客さまが増えるようになってきたとのことで、
チラシ配りなどの営業は一切していないのだとか。

一人でサロンを回さなければならないので、
大々的に営業をかけて、お客様に対応できなかったら困るということから、
少しずつ人脈を通じた営業を行っているのだそうです。

営業は平日のみ、朝10時から夕方6時までという、
かなり狭まった営業時間ですが、お客様に主婦の方が多いこともあり、
十分回していけている様子。

無理なく快適な環境で、
大好きなネイルの仕事ができていることの幸せを毎日噛み締めているNさんなのでした。

ホームサロンと施術費用の折り合い

ホームサロンと施術費用

ホームサロンとして、マッサージサロンを運営しているAさんに、
ホームサロン運営の体験談を聞かせていただきました。

Aさんは、1LDKのマンションの一室でマッサージサロンを開いています。
だいたい8畳くらいのLDKに、6畳のお部屋、
トイレとお風呂は別になっているような、
極めてオーソドックスなマンションです。

奥の6畳間を寝室などの自分で使用するお部屋に、
LDKをサロンとして使用していて、
キッチンはパーティションで見えないようにしています。

最初は奥の6畳間をサロンにしようかとも思ったそうなのですが、
そうすると自分の部屋を通ってサロンに入らなければならないし、
濡れタオルなどをよく使用するので、キッチンと近いほうが仕事がしやすい、
ということから、LDKをサロンにしました。

施術費用の設定のおはなし

開業当初は、自分の腕を披露するといった意味を含めて、
オールマッサージを半額で提供。1ヶ月ほど行なってから、
通常料金で運営を始めたそうなのですが、
オープン時の1ヶ月はびっくりするくらいにお客様がたくさんいらしてくださったのに、
通常料金になった途端、ピタリとお客様の足が途絶えてしまったそうなのです。

リピーターの方もいらっしゃって、満足されている方も多かったので、
腕が悪いことだけが原因とは考えにくい、
料金は他のサロンとさほど変わらない設定にしているし、
一体何が原因なんだろう?と思ったAさんは、
ある一見さんのお客様に勇気を出して訪ねてみました。

「半額などのキャンペーンを打つと、
回せないくらいにお客様がいらしてくださるんですが、
通常料金だと客足が本当に遠のいてしまうんです。
料金設定が高すぎるとも思えないんですが……」

お客様の話では、
決して高すぎる料金設定ではないけれど、
ホームサロンとして運営していくにはちょっと料金が高いかな?という気がする、
とのことでした。

例えば、120分のフルコースのボディマッサージの場合、
Aさんは1万円で提供しています。

しかし、都内の有名店で、完全個室、
室内にはサウナとジャグジーにシャワールームがついていて、
これらで体を温めてからたっぷり120分のマッサージ、
その後は個室内のシャワールームで汗を流してから
備え付けのドレッサーで身支度をして帰ることができる、
というプランを1万2千円で提供しているとのこと。

「このサロンの近くには、こういった競合店がないことが救いだけれど、
2千円の違いでこれだけのサービスを受けられるなら、
やっぱり2千円高くても個室のマッサージに通う人って多いと思うの。
施術がとてもうまくても、
やっぱりホームサロンではラグジュアリー感というものがどうしても欠けてしまうので、
それを考慮した上での価格設定をすると、もっとお客様がたくさん来てくれると思うわよ」

この話を聞いたAさんは、
価格設定をほんの少しだけ下げました。

すると、回らないほどとまではいきませんが、
徐々に客足が増え始め、
自分が理想としている収入を得られるようになったのだそうです。

合わせて定期的にキャンペーンを行うことで一見のお客様を増やし、
サロン運営はとても順調なのだとか。

ホームサロンでなければ出せない良さというものは絶対にありますが、
ホームサロンでは出せない良さというものもあります。

価格設定というのは、そういった微妙なところをしっかりと考え設定する必要があるのだな、
ととても勉強なったそうです。

ホームサロン運営を検討されている方、
現在ホームサロンを運営しているけれどなかなか順調にいかない方は、
今一度価格設定を見なおしてみるのもよいかもしれません。

©ホームサロンを作ろう!